覚王山プライベートデンタル
THE BEST TREATMENT
FOR YOU

妥協のない歯科治療を。
自由診療 / 完全予約制

保険治療という枠を超え、患者さんに必要な本当の治療を提供する

「一日4名」「自由診療専門」の歯科医院です。

〜 初めてご来院される患者さまへ 〜

当院は、患者さまと共に妥協のない『最善の治療』を叶えていく、自由診療専門の歯科医院です。

まだ名古屋では馴染みがないかもしれません。

患者さまそれぞれのお口の状態やお悩みに合わせた最適な治療方法をご提案致します。自由に材料・薬剤を選択し、研鑽を積んだ高い技術力で、歯を抜かずに守り美しく健康なお口の維持を実現します。

 『最善の治療』には近道はありません。一歩一歩確実にステップを踏んでいく事がとても大切です。その為、治療計画は長期に及ぶ事もあります。また、治療後も定期的にメンテナンスを受けて頂くようお願いしております。結果をお急ぎになる方にはご希望に添えない場合がございますので、予めご了承下さい。

 当院は、この様な在り方を患者さまにご理解頂き、寄り添い共に成長していくパートナーでありたいと思っております。末長くお付き合いさせて頂くことで、お口の健康を保ち、さらには患者さまの人生そのものがより良いものになる事を願っております。

当院の取り組み

この図は歯の治療と建築の手順を比較したものです。

私はよくこの図で患者さんに説明をしています。
なぜなら建築の工程とよく似ているからです。

それは誰が見ても当たり前のことかもしれません。
きっちり調べて基礎をしっかりすれば長持ちする。それだけのことです。

しかし保険診療はそれができません。
例えば窓ガラスが割れたら新しくガラスを入れることはできます。
しかし何で割れたのか、飛び石があったのか家自体が歪んでいたのかの診断はできません。
結果(病名)に対しての修理(処置)しかできない。

すなわち原因を追求してないので何度も繰り返すのです。

歯周病で歯がなくなり、保険外のインプラントを行っても根本が改善されなければインプラントも歯周病になります。

かみ合わせが悪くて、歯が割れて抜歯になったとしましょう。その後ブリッジをしてもかみ合わせが改善されなければブリッジは割れます。

いきあたりばったりの治療を続ける限り長期安定は難しいです。

まずはしっかりと診査・診断を行うこと(歯科ドック)の大切さがわかっていただけると思います。

そして治療のステップを一つずつ登っていくことが成功の鍵と言えます。

この図は短期治療についてです。

早く治療が終わることは患者さんにとってメリットがあります。
もちろん歯科医院にとっても。

しかし診査診断が不十分な処置、そして予防・感染除去がおろそかになる傾向があり、長期安定は難しくなります。

私が担当している患者さんはほぼこのような短期治療で困っている患者さんが多いです。

そのリカバリーには多大な時間と出費が必要です。

治療の説明はスタッフではなく、施術する歯科医師と担当衛生士が行います。

お互い同意のもとで治療はすすめて行きます。

当院が選ばれる3つの理由
名古屋市内だけでなく県外からの患者さんも来院しています

原因追求 歯科ドック

かみ合わせや歯周病菌のPCR検査、虫歯菌の培養試験、口臭のガスクロマトグラフィー検査等を行います。

顕微鏡精密治療

"歯内療法において顕微鏡を使用した場合、成功率は2.8倍高くなる
"Khalighinejad 2017

メインテナンス

学会所属、認定歯科衛生士が担当します。予防処置の他に生活改善などもお手伝いいたします。

なぜ自由診療なのか?

"A Philosophy of Practice of Dentistry"より

今から100年前のアメリカ

写真はパンキー先生。100年以上前にアメリカで生まれた歯科開業医です。

当時のアメリカは歯の治療は抜歯が普通で、人々は歯が痛いと抜歯を希望しました。

歯を保存する治療法を知っているパンキー先生にとってはとても心苦しくも患者に迎合(げいごう)する(=抜歯する)ことで医院は繁盛しました。

しかしある時、一通の手紙を受け取りました。
それはパンキー先生の母からのものでした。

母からの手紙

『あなたの診療所は、うまくいっているようで何よりです。

でも、私が受けたようなことを、あなたは患者さんにしていないでしょうね。

私は歯をすべて抜かれてしまって、今では義歯をしています。

これは私の人生にとって最高に不幸な経験です。』

パンキー先生は母親の歯が十分に保存できることを知っていました。しかし


母親が失うはずのない歯が歯科医により抜かれ総義歯になったことに驚き、このことを黙っていた。

私の両親は無知な歯科医師が無知な患者に与える、典型的な治療を受けた


と語っています。


患者のためにならないと自分で感じていることに、自分の将来を費やしたくないのです。

と綴っています。


当時流行りの治療法を捨て、経済的な成功に背を向け新たな医院を創りました。


このようなことがきっかけで世界的に有名な開業医哲学「パンキー・フィロソフィー」ができたのです。


それから100年後の日本

私はこのフィロソフィーを学び感じたこと、それは


「現在の日本でも100年前のアメリカと大きくは変わらない」


ということです。


さすがに今の日本では歯が痛いとすぐに抜歯をすることはありませんが、

歯科医は保険治療で満足に治療できないことを知っています。


歯科医自身もしくは家族の歯の治療に銀歯を入れる人はいません。

根の治療(歯内療法)では顕微鏡を使って治療を受けたいはずです。

歯を失ったら保険のきかない精密義歯やブリッジ、インプラントを選択するはずです。

日本の保険制度はガラパゴス化し、日本の歯科治療は他国から大きく遅れをとっています。
保険が使えない本当の治療、自分が受けたい治療を歯科医師は伝えたくても伝えられません。


なぜなら、患者さんから嫌われたくないからです。


非常に安い保険の治療費(他国の数分の1)なので

たくさんの患者さんを集めなくては経営がなりたたないのが現在の歯科医院。

グーグルなどで口コミを悪く書かれることは致命的です。


日本の歯科医師は制度と良心の間で苦心しているのが現状です。

医院理念

"What the mind conceive and believe,
it can achieve Magic of giving-less than your best"
L.D.Pankey (1906-1989)


心が理解し、信じ得ることは、必ず成し遂げることができる

あなたが与え得る最善のものをすべて尽くす以外にはない


自分がしてもらいたいことを他人にしてあげなさい

ずさんな仕事からは、喜びも満足も誇りも得られない

仕事に最善を尽くした時のみに与えられる

医療法人TDC たなか歯科クリニック併設
覚王山プライベートデンタル

【自由診療 ・完全予約制】

まずは「初診インタビュー(90分)」から。

保険治療をご希望のかたはこちらへ

たなか歯科クリニック
治療は勤務医が担当します。